渋谷・新宿で良い物件を探すための3つのポイント

女性のお部屋探しは3つのポイントが大事です

物件探し、お部屋探しをする際には事前に3つのポイントを忘れずに探してください。

内見した時や不動産会社に行った時に、その場の空気で流されてしまい妥協してお部屋を決めてしまう方も多いんですね。

長年住むことになるかもしれないお部屋、慎重に決めましょう。

 

広めのお部屋や足を伸ばせるバスタブの物件をさがそう

1つめは広さです。広いお部屋は渋谷や新宿エリアでは家賃も少し高くなりますが。

なかなかお部屋さがしに苦労されてるかと思います。当店にご来店される方で、広いお部屋の物件が見つからず、なかなか苦労されてたお客様多いです(*_*)

1Rや1Kタイプであれば、水商売相談可の物件情報も、新宿・渋谷周辺に多くございますので、お探ししやすいのですが、

広い1LDKや2K以上のお部屋となると、、、なかなかお部屋も見つからないですよね((+_+))

入居審査がやさしい水商売相談可の1LDKタイプや足を伸ばせるファミリー仕様のバスタブ物件ございます!

当店にて、しっかり広いお部屋がある物件をお探しさせていただきます!

なかなか物件が見つからない方、お気軽にご来店の上ご相談下さいませ!(^^)

 

アパートやマンションの賃貸物件って、昼間見て決めることが多いですよね。

これが意外と、落とし穴なんですよ。だって、考えてみてください。

昼間の環境がどんなによくっても、夜がダメなら困るでしょう。
実際には、昼間より夜のほうが部屋にいる時間が長い場合も多いですしね。

だから、絶対に夜の状態も見てから決めないと、賃貸物件は失敗することがあります。

 

実際に私は以前、駅前の便利そうな物件をみました。コンビニも近かったし家賃も安かったです。
これはいいと思い、ほとんど契約する手前でした。
そのまえに、夜に部屋の細部を確認に行くことがあったんです。そこでびっくりしたのです。近所のコンビニの照明が、他のビル壁に反射して部屋の中に入ってくるんです。
最悪なことに・・・電気を消しても明るい。これ、夜は気になって寝られませんでしたよ。遮光カーテンはしてましたが・・・それでも煩わしい照明でした。コンビニだから毎日営業してますし・・・。
内覧時は気にいってましたが、結局契約することをやめました。便利さよりも睡眠のほうが大事ですしね。

夜に内覧し見て周辺環境がわかることもあるのです。

ペット可物件はやめたほうがよい・・・

ペットを飼ってない人はペット可物件はやめたほうが良いです。

隣人や上階がペットを飼っていて、元気なワンチャンや猫ちゃんだった場合・・・何気にブルーになります。そりゃ、自分も飼ってたらお互い様ですが・・・

お部屋を上手く借りる6つの条件

お部屋をうまく借りる方法

 

今住んでいるマンションと引越し先のマンションの二重家賃を発生しないようにすること。

 

申し込んでから1~2週間で入居することはできます。1ヶ月前の退去通知を出してからお部屋探しをしたほうがお得でしょう。

ちなみに僕はせこいので、、退去日の2週間前ギリギリにいつもお部屋探しをします。ある程度、綺麗なマンションであればどこでも良いと思っちゃうので(^v^)

 

敷金があって、保証人がたてられる物件を選ぶ。

 

実際のところ敷金礼金ゼロ物件は、、保証会社利用必須だったり、退去時の清掃費用先払いで敷金ゼロの意味がなかったり、早期解約違約金があったりします。

すべての物件がそうだとはいいませんが。。

敷金は返ってくるお金ですので、僕自身はいつもお部屋探しをするときに敷金があって保証人もたててよい物件を選んじゃいますねぇ~~。

営業マンにお得な物件をきくこと!

担当の営業マンに素直にお得な物件をきくこと。あまりお部屋さがしに慣れていないと、お部屋や外観は綺麗で気にいったとしてもあまりお得じゃないような物件であることも多いです。

トータル的に良い物件かどうかは担当の営業マンに聞いてもらう、探してもらいましょう!

 

礼金なしの賃貸物件にする。

敷金はいくらあっても良いんです。礼金は返ってこないお金なんです。ということで、礼金ナシの物件

 

仲介手数料がかからない物件にする

基本的には弊社からお客様に請求するお金のことです。ただ、オーナー様がかわりに負担をしてくれて、、仲介手数料無料にできる場合もあるのです。

通常は1ヶ月分かかります!

 

雑費が少ない物件にする

ここ意外と大事です。雑費は火災保険料(1Kタイプは2年間15000円位)と鍵交換代(20000円位)です。その他にかかるような物件は個人的には嫌です。

上記3つの礼金ナシ・仲介手数料ナシ・雑費少ない物件の条件を満たしてれば、仮に毎年引越しをしていてもあまり損した気分になりません(^v^)
敷金は綺麗にお部屋をつかってれば、クリーニング費用を差し引いて戻ってきますしね♪

ただ、新築物件が良い!! デザイナーズが良い!! ペット飼いたいなどのご希望があるとなかなか探すのが難しくなっちゃいます・・・

 

これから上京する方へ

 

北海道から沖縄の水商売勤務のかたが多く上京で来店されます。

地元のキャバクラだと、2000円前後しか時給がもらえなかったというお話を来店されたお客様からよくききます。

ぼくも聞いてる話なので、詳しくはわかりませんが、東京の歌舞伎町や六本木、池袋エリアですと

お客がいない状態でも時給4000円スタートはよくあるとか。。お店や本人の実力によっては、時給10000円スタートもあるとか。

地域格差ですな。。。

上京して東京で稼ぐには、新宿や六本木、銀座、池袋などの都心で働いたほうがよさそうですね(*_*)

 

まとめ

お部屋をうまく借りる方法ってよく引っ越す人はそれなりに身に付けてますね。

今回は基本的な6つのポイントをまとめました。ごく当たり前のことですが、大事なことです。

水商売のお仕事、風俗のお仕事をされてる方、お部屋を探していて困ってる方、はじめて引越しをする方

当店にてお部屋探しのアドバイスさせていただきます!

 

水商売専門の不動産会社が1週間でお部屋の審査を通す

当店は水商売専門の賃貸不動産屋です

 

よく賃貸物件の入居審査をご心配でたまらないというお電話を日々多くいただいております。

入居審査で、何度も他社さまで落ちてしまい、、弊社にお越しいただく方も多いです。

 

なんでこの物件に申込をしてしまったんだろう~と。。そりゃ、即日落ちるわぁ~い(>_<)

しかも、退去日が刻々とせまってるという状況。。まぁ、よくあるお話ですが(^_^;)

当社は極力頑張ります。1週間でお部屋の鍵渡しまでの手配もいたします。退去日が明確になってる方、任せて下さい。

 

こういう切羽詰まってる状況が自分にとって他人事ではないという方、多くいらっしゃると思います。

何度も審査で落ちてしまい気苦労されてるお客様、弊社にてお部屋探しのアドバイスも含めてしっかりサポートさせていただきます。

 

内見中に物件の最上階ラウンジでお客様とくつろぐ私、くぼくらです(^^)

この物件、住みたいけど、高くて私にはムリ(>_<)

 

 

はじめて一人暮らし、お部屋探しをされる方へ

 

はじめての一人暮らし。

上京することをきっかけに又は20歳になって賃貸契約が自分でできるようになったことをきっかけに、一人暮らしをされる方多いですね。

この1月から3月の時期は、上京で東京にお越しの方が特に多いです。

一人暮らしをはじめてされる方は、どういう条件で探したらいいのか、よくわからないですよね((+_+))

引越しを検討されてる方の女性の要望として下記のような点が多いです。

 

希望条件を明確にしましょう

【必須条件】

・2階以上~

・オートロック

・アパートタイプでなく、マンションタイプ

・バスとトイレが分かれてること

・駅から遠くないこと

【できれば欲しいお部屋の設備】

・収納クローゼットが豊富

・独立洗面所スペースがあること

 

 

スーパーや駅の近さもよく考えよう

 

はじめての一人暮らしであれば、スーパーや駅の近さも重視して色々お部屋探しをしてみたらいかがでしょうか。

営業マンのぼくの感想ですが、同じ物件に2年後も更新して住む方は周辺環境や街を気にいってる人が多いと思います(^^)

綺麗なマンションに住むことも良いですが、、周辺環境(スーパーや便利な施設が多い、街の雰囲気)も大事ですよ~♪

 

アパートは壁や天井が薄いので、気を付けましょう

 

そういえば、ぼくのはじめての一人暮らしのお部屋は築年数10年位の綺麗なアパートでした。

ただ、そのアパートは壁天井が薄かったのか、上階の人の音楽が頻繁に鳴り響いていて、住み心地はあまり良くなかったですね(>_<)

ぼくは設備や広さにこだわりはないんですが、隣人の生活音や音楽が聞こえてくるのだけは慣れないので、、、

ちょっと家賃が高めのマンションに住みます(^^) 隣人さんがどういう人なのかは、入居してみないとわからないですからねぇ(>_<)

ほんとはバストイレ一緒でも、和室でもかまわないんですけどね!音だけは気になるからね・・・

ご参考にしてくださいませ(^^)

 

賃貸契約はあっさり終わります

 

はじめて賃貸契約される方も多いと思います。

そんなに大したことないといったら、失礼になるかもしれないですが。

所要時間1時間位ですね(^^)

 

・営業マンが契約書類等を読み上げる。

・わからない点、ご質問がないか確認されます。

・署名捺印する。あわせて必要書類の提出(住民票や身分証明書コピーなど)

・契約金のお支払。鍵をもらう

 

賃貸契約書の内容は物件によりことなります。

当たり前だと思いますが、不利なことが書かれてないかどうか気にされるお客さまもいらっしゃいますよね。

普通の不動産会社の仲介営業マンはお客さまの立場にたっています。

 

不利なことや気をつけてほしいこと(タバコは特別清掃費がかかるだとか、退去通知はいつすればよいのか)はしっかりご説明させていただきます。

 

もちろん、またご引っ越しの際にはリピーターとしてお部屋を借りていただきたいものですので、

当店ではわかりやすく物件ごとの契約の内容を御説明させていただきます(^^)

 

まとめ

 

当店は水商売専門の不動産会社だからこそ、物件探し~審査~契約~鍵渡しにいたるまで

お客様側の立場にたって一生懸命のサポートさせていただきます。

 

また以前、他の不動産会社にて紹介されたマンションに住まれてる方で退去時のトラブルに巻き込まれてる方も

他の不動産会社でお部屋探しを頼んでるが審査が全然通らなくて困ってる方も

お気軽にご相談下さいませ!(^^)!

 

ペットと快適な共同生活を送る為に、1Fのお部屋がポイント

1Fでお部屋探しをする理由

以前、私が賃貸マンションを借りた時はペットがいるため、まず一階を探しました。

理由としては、ペットがいる場合は階段が非常にネックであり危険であること。

またエレベーターがついていても挟まったりと危険なことを考えたためです。

また、ペットがいると騒音に対しても上下階の方が非常に敏感になります。特に下の居住者にペットの足音が響いてしまう危険性がある事もあります。

だからこそ、一階にするのです。

また、木造は非常に音が通りやすく、足音だけではなく、声も響いてしまいます。騒音に関して敏感な方は木造建てではなく、RC造のマンションをお勧めします。

 

自分でできる対策

マンションを借りた後も、床などの防音防止のマットなどを敷くことも重要です。お手頃な値段でかなりの効果(傷がつくことも防げる)を得られます。

また、汚れの防止にもなりますのでかなりお勧めです。

賃貸物件を選ぶときに注意しないといけないのは、交通の便利さなども大事ですが、

やはりワンチャン・猫ちゃんを飼っている人は交通量の激しい場所は避けたほうがよいと思います。

色々と条件の合った場所を探すのは困難ですが、賃貸選びは妥協しない事が大事だと思います。

ワンチャン、猫ちゃんと快適な生活を送る為に物件を選ぶポイント

物件を選ぶときのポイントとしては、ずばり日中に部屋探しをすることです。

一見当たり前のように思えるけれども、私はこの点を怠り、痛い目に遭いました。

私が失敗したお部屋探しの教訓です。中野区周辺にある1Kの物件を選んだことがあります。

不動産屋さんに行って物件を探し始めたのが、大体昼の2時くらいからでした。
最初に見て回った2つの物件に関しては、間取りも狭く日当たりも良くなかったため、
あまりピンとくるものがありませんでした。

その後、日が暮れて夕方5時くらいに、あるアパートを見て回ったのですが、
そこは内装がとても綺麗で、駅近だったため、第一印象がとてもよかったのです。
不動産屋さんも、「ここは日当たりも意外にありますからね」というコメントをしていたので、私は思いきって、その物件に決めました。

 

不動産屋の適当な発言を鵜呑みに・・・反省

しかし、実際に住み始めると全く日差しが昼間は差し込むことがなく、暗黒の部屋だったのです。
平日は仕事で家にいないのであまり影響は無いのですが、休日は朝から、ずっと暗いままなのです。

あまりにも暗いので、昼間から電気をつけて生活していたため、電気代も嵩み、ガッカリした気分で毎日を過ごしていました。
これから物件を選ぶ方には、しっかりと昼間の間に物件を見て回ることオススメします。

住んでる周辺環境が気に入らないと3ヶ月で引っ越したくなる

住むところの周辺環境が一番大事です!

私は、今までの人生で合計7回、引越しを経験しました。

毎回、お部屋探しをするときに、私がまず一番に重視していることは、住むところの周辺の環境です。

治安が良いのは絶対条件ですが、

電車やバスなど交通が不便でないか、あと、スーパーやコンビニなどが歩いて行ける距離にあるかどうかです。
立地条件が良いと、どうしても家賃が高くなってはしまいますが、良い周辺環境なのであれば、私は喜んで契約します。

 

安心で安全できる便利な場所を探そう

私は安いには安いなりに理由があると考えるタイプなので、
しばらく暮らすわけですから自分で納得ができる金額で、安心、安全、便利をとります。

 

女性はマンション暮らしが安全で良いかもしれない

また、お部屋に関してはマンションしか契約しないと決めています。

一度だけ、アパートに引越したことがあるのですが、最悪でした。
アパートすべてが該当するとは思っていませんが。
しかし、私が引越したアパートは、隣や上の壁がとても薄く、ちょっとした物音でもよく聞こえてしまい

よく住人同士がトラブルになっていました。
立地条件は良かったので残念でしたが、失敗したと諦めて、すぐに引越ししました。

それからは、家賃が高くてもマンションで、防音などが
最低限ちゃんとしているお部屋で契約するようしています。

 

東京以外の雪がよく降るエリアでのお部屋探し

私は子どもの頃から家の都合で引越しが多くいろいろな場所に住んできました。

これまでの経験をふまえて雪の多い地域のお部屋探しについて気をつけていただきたい事を書きたいと思います。

私が二度目に引越しをした時の体験ですが、その地域の冬の時期はとても寒く雪が多く降る土地でした。
冬以外の春や夏などの季節は快適に過ごすことが出来ましたが、冬の時期はとても大変でした。

まず立地が悪く道が狭いせいで、雪かきをしても雪を置く場所が家の前しかないのです。
仕方なく雪を置いてしまうと家の出入りがとても困難で不便でした。
道が狭いと除雪車も滅多に通ることがないです。
除雪車が通らないと降り積もった雪は固まります。氷になり歩く事がとても危険でした。

そういった経験からアドバイスさせて頂きますと、
雪の多い地域でのお部屋探しをしたい場合は自宅前の道が広く、
近くに雪を置く事の出来るような空き地があるような物件を探す事をおすすめします。

部屋も気密性が高く、玄関の大きい物件の方が冬はとても便利です。

気密性が高ければ部屋は暖まりやすいですし、

もし物置が無くても玄関に雪かき用のスコップを置く事ができます。